子供に関する思い出を残すための方法

最新の記事

今に残る江戸の文化

七五三は日本の独特の文化です。3歳と5歳と7歳の時期にお参りに行き、子供の成長を祝う儀式です。今の七五三は昔の風潮を残したまま、写真を撮るという新しい習慣がプラスされています。

千歳飴の意味

伝統行事として認識されている七五三ですが、神社やお寺へのお参り以外にも写真館などで写真を撮影します。そのとき手に持たされる千歳飴にも、ちゃんとした意味が込められています。

変わらない形

日本の伝統行事である七五三ですが、時代が移り変わっても昔の風潮を色濃く残しながら受け継がれています。現在では写真館での記念撮影やお参りあとの食事会なども、時代に合わせ行われています。

七五三の始まり

日本には七五三という行事があり、子供の成長を見守る重要な儀式として地域やその土地土地に根付いています。男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳という成長の節目に、無事に成長できたことを感謝し、将来の幸福と長寿をお祈りするのです。昔、今の発展途上国のように、貧困や栄養失調、乳幼児の間引きや堕胎により、まだ幼い子供の死亡率が高い時代がありました。幼くして亡くなった子供たちも含め、7歳に満たない子供を神の子と考える風潮があり、「あの世とこの世の境目にいる存在であり、いつでも神様のもとへ帰りうる存在なため氏子でない」としていました。7歳になって初めて人間として氏子として認められ、地域に受け入れられていきます。当時の貧困時の日本では、7歳になるまで元気で生きられる事自体が大変珍しく、また難しいことだったのです。七五三では男児と女児のお祝いの年齡が違います。これにも昔の風潮が関わっており、男児は家名を継ぐ大事な後継者として育てられていたため、女児に比べて乳幼児期の生存率が低い男児の祝い時期を2年早めたというのが理由のようです。

現在の七五三の形は昔の名残を残したまま行われています。袴や綺麗な服を着てお祝いをするという七五三は、日本人にとって特別感慨深い行事です。子供の成長は、同じだけ親が成長したという証のようなものです。今ではあたり前になった七五三の写真撮影も、大人から子供までワクワクするイベントとなっています。写真が外国から伝わり、一般庶民の日常に溶け込むまでの月日は決して短いものではありませんでしたが、地域に根付いた写真館などが増え、こうして子供の成長の記録を写真に収められるということはとても大きな進歩でしょう。

 

オススメリンク

  • アトリエ木下

    七五三なら撮影を検討しておきませんか?記念日を永遠のものにすることができますよ。料金が気になるならサイトをclick。