子供に関する思い出を残すための方法

千歳飴の意味

七五三は、子供の成長を祝う行事です。男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳に行うこの行事は、300年以上前の江戸時代に生まれた日本の独自の文化です。まだ貧困や病気が蔓延していた時代、乳幼児の死亡率は高く、7歳まで生きることが困難でした。こうしたことが要因となり、子供の節目の年にその無事な成長をお祝いするという風潮が広まってきました。元服の祝いなどの、武士や朝廷、幕府から発信されたこの文化は徐々に広まり、明治になるころには一般の庶民たちにも定着していきました。七五三は旧暦の11月15日に行われていますが、これも当時の名残故です。旧暦の11月は実りを神様に感謝する月とされていました。また旧暦の15日は鬼が出歩かない日だと言われ、吉日であるとされていました。この二つを組み合わせた旧暦の11月15日を七五三の祝いの日と定め、全国で一斉に行われる大きな行事へとなっていきました。

現代でも伝統行事として認識されている七五三ですが、神社やお寺へのお参り以外にも写真館などで写真を撮影します。男児は袴を着ることが多いですが、5歳で行われていた袴儀の名残をここでも感じることができます。また、写真撮影のときやお参りのときに手に持っている千歳飴にもちゃんとした意味が込められています。千歳飴はでんぷんやもち米を麦芽で糖化させ紅白に染めた棒飴です。粘りが強く、細長い形状をしている千歳飴は、親が子供の長寿を願う気持ちを表しています。紅白という色も日本では縁起の良いものとされているので、成長と長寿を願う七五三にはぴったりな色と考えられています。派手な袋にも意味があり、鶴と亀は長生きを表し、松竹梅は健康や力強さの象徴として描かれているのです。