子供に関する思い出を残すための方法

変わらない形

日本の伝統行事である七五三ですが、現代でもその文化は根付いています。現在の七五三は、3歳と5歳と7歳に子供の成長と健康、長寿を祝うお祝いですが、それは七五三が始まった当時から考え方が変わっておらず、また、祝う子供の年齡も変わることなくお祝いがされています。多くの家族が神社やお寺へ参拝に行き、写真館での記念撮影や食事会などを一般的に行います。神社などに参拝する時期は旧暦の11月15日ですが、これも当時と変わることはありません。実りの月である旧暦の11月に鬼が出歩かない吉日と考えられていた旧暦の15日の組み合わせたは、縁起の良い日とされています。成長と健康を神様に感謝する七五三には最適な日付です。最近では、旧暦の11月15日付近のお休みを利用して家族で出かけるという家庭も多くなっています。また、写真館での写真を撮る場合、11月の半ばは混んでしまうことが多く、前撮りをすることも一般的になってきています。祝う子供の年齡は、昔は数え年で行っていましたが、現在では数え年でも満年齢でもどちらでも良いとされています。

子供の健やかな健康と成長、長寿を願う七五三は、子供にとっても親にとっても感慨深いものがあるでしょう。幼いころはその意味がわからなくても、大人になって改めて写真を発見したときに良い思い出となります。子供の年は両親の親として過ごしてきた年です。子供を祝う家族の行事として根強く残っている意味はここからも感じることができます。また、この日を特別に演出するような工夫をしている企業や写真館もあります。子供の健康と成長、長寿が込められている千歳飴も、購入するという選択肢のほかに手作りを使用することも可能です。大きさなどの規定をしっかり守れば特に問題無く使用できますし、手作りの特別感は子供が大きくなったころに良い思い出としても残るでしょう。