子供に関する思い出を残すための方法

今に残る江戸の文化

七五三は日本の独特の文化です。3歳、5歳、7歳の時期にお参りに行き写真館で写真を撮るという習慣行事は、まだ貧困が続く貧しい時代の名残といえます。今のように定着したのは江戸時代まで遡ることになりますが、こうして今の世まで300年以上に渡り残っている歴史の古い行事なのです。七五三は旧暦の11月15日を目安に神宮や神社、お寺にお参りに行くのが一般的だとされています。旧暦の15日は二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)にあたり、何か行動を起こす場合には吉日とされていました。旧暦の11月は田畑の実りを神様に感謝する月だったことから、子供の無事な成長を神様に感謝する日を旧暦の11月15日に定めました。

今のような七五三は江戸時代に定着しましたが、江戸では数え年3歳までは髪を剃る習慣がありました。その剃髪が終了するという儀式を髪置きの儀といい、男女ともにお祝いをしていました。数え年5歳になると袴儀という男児だけの儀式があり、袴を常用し始めるためのお祝いでした。男児は後継者として大事に育てられるため、女児より2年早くお祝いがされていました。数え年7歳になると帯解きの儀という女の子の成長を祝う儀式がありました。これは大人と同じ幅の広い帯を結び始める時期になったことを表しています。今の七五三は写真館で写真を撮影しますが、男児が着る袴などは昔から残る儀式の名残です。七五三の風潮が広まった江戸時代の文化を、しっかりと残している地域は今はとても少なくなっています。しかし、江戸の幕府から徐々に庶民に広がった七五三は、その土地や地域の特色を取り込みながら、今でも大事に行われています。